ユーザー様の声

レ					ーザーアキュラシー PINPOINTのユーザーの声、口コミ
 阿部様(50歳代)
平均スコア90台の中級者ゴルファー。
いままで距離は100ヤード、150ヤードなどのヤード杭だけを参考にしていましたが、PINPOINT L700で計測すると、自分の思っている距離や高低差とかなり差があることに気付きました。ピンの位置が毎日変わることや杭の位置とボールの位置が離れていること、高低差についてはなんとなくしか考えていなかったことなど。そう思うとこれまで良いショットを打ってもピンに寄らなかったのは当たり前だったなと思います。自分の正確な飛距離も把握してグンとスコアアップができそうです。

レ				ーザーアキュラシー PINPOINTのユーザーの声、口コミ
佐藤様(60歳代)ハンデ4。
アマチュア上級者ゴルファー。
以前からPINPOINT 900を使っていましたが、今回は、PINPOINT L1100に買い換えました。PINPOINT900もピンシーク機能を使って350ヤード以上計測できるのでその性能には満足でしたが、PINPOINT L1100は、最大計測距離が1200ヤードと高性能なので、ピンシーク機能でも400ヤード以上が計測できました。ロックオン機能でピンフラッグを計測できたかどうかがさらにわかりやすくなりましたね。
レ				ーザーアキュラシー PINPOINTのユーザーの声、口コミ
 斎藤様 ハンデ7。
県アマ予選メダリスト2回。
PINPOINT 660を愛用していましたが、小型で操作もシンプルなPINPOINT S600を新たに購入しました。県アマなどの競技によく参加するのですが、2019年からはルールで直線距離の計測が認められることになったので使用場面が増えると思います。高低差機能のあるモデル は便利ですが、モードの切り替えなどを間違えてルール違反にならないように直線距離専用モデルを選びました。とにかく小さくて他社のレーザー距離計の約半分の大きさなのでポケットに入れても邪魔にならず気にいってます。

レ				ーザーアキュラシー PINPOINTのユーザーの声、口コミ
井下様(50歳代)
ハンデ7。シングルプレーヤー。
いままでは距離について勘に頼ってきましたが、メンバーとなっているコースにGPSナビを搭載したカートが導入されて距離についての意識が高まっていました。ただ、GPSはレーザーに比べて精度が低いとのアドバイスを受けて仲間が勧めるレーザーアキュラシーを購 入しました。PINPOINT L700を使用していますが、カートまでGPSナビを見に行く必要がなくなりプレーが早くなったと実感してます。ボタンを押すだけの簡単な操作で0.1ヤード単位で計測できて大満足です。
レ				ーザーアキュラシー PINPOINTのユーザーの声、口コミ
佐藤様(60歳代) ハンデ6。
シングルプレーヤー。
2019年から競技でも通常のプレーでもレーザー距離計が使ってよくなると聞いて、いろいろとネットの情報を調べて、評判のいいレーザーアキュラシーのPINPOINT L1100を購入しました。はじめてのラウンドではうまく計測できなかったのですが、前からレーザー距離 計を使用している同伴プレーヤーに計測するコツを聞いてすぐにスムーズに計測できるようになりました。通常250ヤード以上を計測することはほとんどないですが、計測性能が高く計測スピードが速いL1100にして正解でした。

レ				ーザーアキュラシー PINPOINTのユーザーの声、口コミ
下荒磯様 ハンデ14。
シングルを目指すアスリートゴルファー。
ネットで見つけた安売りのレーザー距離計を購入したのですがすぐに壊れてしまい、友人に勧められてPINPOINT L700を購入しました。友人のレーザー距離計よりも早く、正確に計測できるので満足です。外観もカーボンファイバールックでかっこいいです。高低差など多 くのデータを数値で知ることができるのが他社製品と違うところだと思います。新ルールにも対応していて安心です。
今泉プロ(30歳代)米国ゴルフ留学経験のあるプロゴルファー。
今泉プロ(30歳代)
米国ゴルフ留学経験のあるプロゴルファー。
他社製品が壊れたのをきっかけに、「PINPOINT 900」に変えましたがとても高性能で満足しています。試合前の練習ラウンドで正確な距離や高低差を知るのに必須のアイテムです。コースの真実の距離を知り、自分の正当な飛距離も知ることがスコアアップに不可欠ですから、アマチュアの方にもこの高性能な「PINPOINT」の使用を勧めています。
八木様(30歳代)ハンデ11。競技志向ゴルファー。
八木様(30歳代)
ハンデ11。競技志向ゴルファー。
レーザー距離計はこの「PINPOINT 660」がはじめてですが、とても気に入っています。300ヤード以上先のピンもピンシーク機能を使えば簡単に計測できます。特にはじめてのコースでは手放せません。距離や高低差を正確に知って、コースマネジメントをレベルアップすることでシングルハンデを目指してます。
清水様(40歳代)ベルエアカントリークラブ支配人。
清水様(40歳代)
ベルエアカントリークラブ支配人。
私どものコースが大きな公式競技の会場となる際に、グリーンエッジからのヤーデージ表示をフェアウェイにポイント設定するのですが、その際の計測にレーザー距離計が必須です。
最近、ヤーデージ杭の表示がずれているホールがあるとの会員の声もあるので、この「PINPOINT 900」で計測して、改善しようと思っています。プレーヤーの方々にも進行がスムーズになりスコアアップにも役立つので是非を勧めたいですね。

製品情報

Pick Up