ゴルフユーティリティーズ レーザーアキュラシー ピンポイント PINPOINT

手振れ対策 Hand movement

手振れ補正のレーザー距離計は計測が遅い

手振れ補正とはカメラで被写体がぶれて映らないように、手振れがなかったように機械的に補正する機能です。しかしゴルフ用のレーザー距離計にその機能は役立つでしょうか?遠くの対象物を計測するために細かに向きを変えることが多いゴルフレーザー距離計で手振れ防止が機能すると思うように操作できません。手振れ補正機能がある距離計もピンシーク機能と同じ仕組みでピンフラッグを計測するのでピンフラッグ周辺をなぞるように計測する必要がありますが手振れ補正機能のせいでそれがとてもやりにくいのです。ピンフラッグに直接向けようと細かくレーザー距離計の向きを変えるとそれを手振れと判断し補正されてファインダー内の景色が変わらないのです。さらに向きを変えると、向けたかった方向を大きく超えた景色に変わってしまいます。手振れ補正機能があるレーザー距離計とないものとで同時に計測すると、手振れ補正機能がない方が計測が早くできることを実感できます。

手振れ対策①構え方

手振れ対策の基本としては、ただしい姿勢で計測することです。ゴルフスイングと同じですね。(1)利き手で持ち、人差し指で計測ボタンを操作する。(2)反対の手を添える。(3)両脇をしめる。(4)ファインダーをできるだけ目に近づける。 などを守るだけでかなり手振れを抑制できます。
そして、ゴルフレーザー距離計は、ファインダーの中心点の狭い範囲だけを計測するので、銃で的を狙うように、計測したい対象物をファインダーの中心点に正確に向けて計測してください。

手振れ防止②ピンシーク機能を使う

ピンシーク機能は計測ボタンを押したまま、ピンフラッグ周辺をなぞるように計測します。このため手振れをあまり気にせずに計測できます。手振れを抑える方法ではありませんが、正しい構え方でピンシーク機能を使えば快適にピンフラッグを計測できます。

アニメ動画で解説。ゴルフレーザー距離計の正しい計測法

正しい計測法の基本を解説。

多くの方が間違った計測法でうまく計測できずにいます。正しい計測法を知れば、18ホールすべて快適に計測できます!

ピンシーク、ロックオン機能の使い方。

ピンシーク機能とロックオン機能の仕組みを理解すれば、レーザー距離計は快適に使用できます。

coming soon

製品ラインアップ

PINPOINT L1100

PINPOINT M1300

ロックオン・バイブレーション機能搭載。最大1300ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT M800

PINPOINT M800

ロックオン・バイブレーション機能搭載。最大800ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT L1100

PINPOINT L1100

ロックオン機能搭載。最大1200ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT L700

PINPOINT L700

ロックオン機能搭載。最大770ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT 900

PINPOINT 900

最大900ヤード。高低差機能付

製品情報

>PINPOINT 660

PINPOINT 660

最大660ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT S600

超小型。雨天対応。直線距離専用

製品情報

PINPOINT Professional LINEAR-1

PINPOINT Professional LINEAR-1

レーザー距離計の最高峰。直線距離専用。

製品情報

PINPOINT Professional SLOPE-1

PINPOINT Professional SLOPE-1

レーザー距離計の最高峰。高低差機能付。

製品情報