ゴルフユーティリティーズ レーザーアキュラシー ピンポイント PINPOINT

ロックオン機能の使い方 Rock On Func.

ピンシーク時にピンフラッグをロックオン

ロックオン機能は、ピンシーク機能の補助機能です。ピンシーク機能を使って計測した際に、ピンフラッグをとらえたことを液晶表示やバイブレーションで知らせる機能です。ピンシーク機能を使って、ピンフラッグ周辺をなぞるように計測した際に、ピンフラッグまでの距離が計測できたのかがわかりにくいことがあります。ロックオン機能は、ピンフラッグと背景となる対象物(樹木やラフなど)との間に、距離差があることを利用した仕組みです。仕組みと使い方を理解して快適に計測しましょう。

ロックオン機能の仕組み

ピンシーク機能を使って計測する時に、ピンフラッグ周辺の背景にある複数の対象物を計測します。ピンフラッグの背景にある対象物(樹木やラフ等)どうしは距離差があまりないのが一般的です。一方、ピンフラッグと背景の対象物との間には、特殊な環境でない限り、距離差があります。ピンシーク機能を使って連続計測している間に、距離差がある対象物を計測したときに、ピンフラッグをとらえた印であるロックオンサインを表示(バイブレーション機能があるモデルは同時に本体が振動)するのです。ロックオンの仕組みを体感的に理解するには、ピンフラッグではなく大きな対象物で試すと容易に理解できます。例えば、住宅地に2軒の家が並んでいるときに、遠くに位置する家を先に計測し、次に手前の家を計測すると、両方の家に、距離差があるのでロックオン表示します。逆に密集する林や草むらに向けてピンシーク機能を使って計測しても樹木や草どうしに距離差がないのでロックオン表示はしません。

ロックオン機能への誤解

ロックオン機能について、よくある誤解が、「レーザー距離計がピンフラッグの形状を認識してロックオンサインを表示している」というものです。現時点ではピンフラッグの形状を認識するレーザー距離計は存在せず、前項の通り複数の対象物の距離差を応用して、ピンフラッグをとらえたと認識しています。ロックオンを正しく使うのにはピンシーク機能、ロックオン機能の正しい仕組みや使い方を理解することが重要です。

背景が空(そら)の場合はロックオン表示しない

以上のように、ロックオン機能はピンフラッグと背景との距離差がある場合に、ロックオン表示をする仕組みのため、ピンフラッグの背景が空の場合は、ピンフラッグのみしか計測できないため、距離差がないとしてロックオン表示はされません。ただ、その場合はロックオンしていなくてもピンフラッグまでの距離が計測できているということです。自宅周りの住宅の屋根の上のアンテナや避雷針で試してみましょう。

製品ラインアップ

PINPOINT L1100

PINPOINT L1100

ロックオン機能搭載。最大1200ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT L700

PINPOINT L700

ロックオン機能搭載。最大770ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT 900

PINPOINT 900

最大900ヤード。高低差機能付

製品情報

>PINPOINT 660

PINPOINT 660

最大660ヤード。高低差機能付

製品情報

PINPOINT S600

超小型。雨天対応。直線距離専用

製品情報

PINPOINT Professional LINEAR-1

PINPOINT Professional LINEAR-1

レーザー距離計の最高峰。直線距離専用。

製品情報

PINPOINT Professional SLOPE-1

PINPOINT Professional SLOPE-1

レーザー距離計の最高峰。高低差機能付。

製品情報